トイレが流れない時に排水管のつまりを自分で解消する方法

■トイレの排水管がつまる原因について

トイレでは、水を流そうとしても流れなかったり、逆流してしまうといったトラブルがあります。便器や排水管に何かがつまり水の勢いが弱くなった、もしくは完全に排水管の水の流れが遮られることによりトラブルが起こるというケースが多いです。
トイレがつまる原因となるものは、いくつか考えられます。最も多いと言われているのは、水に溶けない製品です。ティッシュペーパーや紙おむつ、生理用ナプキンなどが主に挙げられます。トイレットペーパーはトイレに流すことを前提としている製品で、水に濡れることで繊維と繊維がほぐされて溶けるよう、澱粉が使用されています。ティッシュペーパーは、鼻をかむ等の用途を目的として製造されていますので、強度を保つために繊維と繊維をかたく結びつける樹脂が使用されており、水にぬれてもほぐれない性質となっています。
また、紙おむつには、給水性ポリマーと呼ばれる素材が使用されていて、水分を吸収して2倍以上に膨れる性質を持っています。1枚でも誤ってトイレに流すと、膨張して便器の排水口や排水溝をふさいでしまいます。
水に溶けるトイレットペーパーも、一度に多くの量を流すとつまる原因になり得ます。少量であれば水にぬれると繊維がほぐされて溶け、流せますが、あまりにも多いと水に溶けきる前に排水管をふさいでしまいます。紙類の場合は、時間を置いたりぬるま湯やラバーカップを用いることで解消できる可能性もありますが、紙おむつは早めに取り除く必要があります。

■トイレの排水管のつまりをぬるま湯で解消

トイレの排水管がつまってしまうと、生活に支障が出るため、できるだけ早めに問題を解決する必要性が生じます。原因や、状態によっては自分の力で修理をして解消することも可能です。
つまりの修理のために最初に行うべきことは、つまった原因を突き止めることです。トイレットペーパーなど紙類や大きな便などが原因の場合には、ぬるま湯を使う方法があります。ぬるま湯を使うことで、ふやけやすくなり流れるようになります。
最初に、40度から60度程度のお湯を沸かし、バケツなどの容器に入れて準備をします。次に、トイレの中に溜まっている水をできる限り汲み出して量を少なくします。つまったままでさらに水、お湯を流すとあふれ出してしまうこともあるためです。
一気にお湯を流すのではなく、最初は水を少し流して様子を見ます。トイレットペーパーが原因の場合、水だけでも解消するケースがありますが、解消しない場合には、お湯を半分ほど流し込みます。一度では解決しない時には再度水を汲み出して、もう一度流すことを繰り返します。
水の勢いが増すと流れやすくなります。しかし、周囲にお湯が飛び散ることが予想されますので、周囲にタオルを敷いておくなどして対策しておきましょう。紙類の場合は、ふやかす時間が必要なため、1時間ほど時間を置くと効果が高まります。お湯を使う際は適温になるように調整します。60度以上の熱湯にすると便器の耐久性によってはヒビが入り、交換作業が必要になってしまうこともあるので、注意しましょう。

■トイレのつまりを予防するための対策
うっかり便器に流してしまった持ち物のために、トイレの排水管がつまることもあります。スマートフォンやハンカチなど、ポケットに入れた物を誤って落としてしまったり、子どもがトイレにおもちゃを持ち込んで流してしまったりする例も多くあります。
水に流れない物が原因でつまった場合、便器から見えている場合にはすぐに対象物を取り出せば解決できますが、見えていない場合まで入ってしまうと、排水管の構造上ラバーカップで引っ張っても取り除けないことがあります。また、水に溶けない素材のものは、いくらお湯や洗剤で流しても解消できません。固形物をつまらせた時には、自力で何とかしようとせず、水道工事を専門としている業者へできるだけ早急に依頼をしましょう。
トイレのつまりトラブルを回避するためには、異物、詰まりやすいものを極力流さないことが重要です。トイレ用掃除ペーパーやおしりふきなど、水に流せると書いている製品でも、つまりの原因となりやすいので、できる限り流さない方が安心です。タバコの吸殻や猫のトイレ砂などは、配管の内部を傷つける恐れもあり、つまりの原因となる可能性もあります。流さないように努めましょう。トイレットペーパーを使用する場合には、ダブルではなくシングルの方がスムーズに水に溶けます。また、ダブルの場合はシングルと同様の長さを使用する人が多く、つまりの原因となりがちです。
さらにトイレに物を持ち込まないように心がけることも必要です。ついトイレにもスマートフォンを持ち込んでしまいがちですが、やめるように心がけたり、ポケットの中の小物を落とさないように注意します。さらに、トイレ内の棚に置いたクリーナーや洗剤が落下して流れてしまわないように、配置に注意したり、便器の排水口よりも小さな小物を置かないようにしたりする工夫が求められます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ