新築物件でも注意したい排水管の水漏れトラブル

■新築物件でも増えている水漏れトラブル

新築物件というと建設から間もないということで、排水管の水漏れなどのトラブルとは無縁であるかのように考えている人も少なくありません。実際には、新築物件であっても水漏れなどのトラブルが起きる可能性があり、むしろ築年数の経った物件と同等かそれ以上にトラブルが起きやすくなっていることもあります。
新築物件でも水のトラブルが増えつつある要因としては、構造そのものの変化があります。かつて、日本の物件ではキッチンやトイレなどの水まわりは1階に集める、というのが常識になっていましたが、最近では住まいのニーズが多様化し、あえて2階に浴室やトイレを配置する住宅も増加傾向となっています。水は基本的に高いところから低いところへ流れる、という性質がありますので、当然、2階に水まわりを設置することによって漏水トラブルなどのリスクが一定以上高まってしまいます。
もちろん、2階に水まわりがある物件であっても、構造がしっかりしていればほかの物件に比べて特段トラブルのリスクが高まってしまう、ということではありません、しかし、新しい構造の住宅ではこのようなリスクが考えられるということをおさえておく必要があります。そのため、このタイプの住宅に入居する際にはさまざまな弱点があることを考慮に入れておき、水道管のメンテナンスを特にこまめに行うなどの方法でトラブルをあらかじめ予防しましょう。

■一般家庭で考えられる水漏れトラブルのパターン

排水管の水漏れトラブルのリスクが常に考えられるのは、新築物件ばかりではありません。一般家庭でも起こり得る水漏れトラブルのパターンとしては、雨漏りや結露、水道管の劣化および破損などが考えられます。
雨漏りはマンションの上層階や一戸建て住宅などで起きやすく、ひとたび雨漏りが起きるとその部分から腐食が進んでいき、さらに漏水がひどくなってしまう、ということになってしまいます。雨漏りの場合、知らず知らずのうちにトラブルが深刻化しやすくなってしまう、という点が怖いところであり、一般家庭でトラブルに気づきにくい要因にもなっています。たとえば、梅雨時期には雨漏りが起きなかったとしても、蓄積された水分によって床下の腐食が進み、よく晴れた真冬の日に突然雨漏りらしき現象が見られる、ということも珍しくありません。
雨漏りよりもさらに見落としがちなのが結露です。結露とは、寒い時期に外気温と室内との温度差によって起きる現象ですが、暖房などによって温度差が大きくなるとその分結露の発生量も多くなります。真冬の時期に毎日蓄積しつづければ、雨漏り以上に深刻なトラブルを引き起こす要因となってしまいます。特に屋根裏は温度変化が激しく、なおかつ熱がこもりやすいエリアですので、一般家庭でも注意が必要です。
水道管の破損および劣化は、一般家庭でも比較的気づきやすいトラブルの原因なのではないでしょうか。水道管も広い意味では消耗品のひとつであり、5年、10年という長いスパンで暮らしていくうちにどうしても機能が低下し、トラブルのリスクが高まってしまいます。
水道管の劣化や破損を見抜くポイントは、わずかな異常も見落とさずにチェックすることです。水道管の一部から水漏れが起きている場合、水を流している間に不定期にボコッという異音が生じる場合があり、音の変化に注目しているだけでもトラブルに気づくきっかけになります。
もちろん、トラブルを発見した時点で迅速に対処を行うことが重要です。そのためにも普段から工事業者の対応エリア、基本サービスをリサーチしておくことが重要となります。

■新築物件で排水管の水漏れトラブルに気づいたら
残念ながら、新築物件で排水管の水漏れトラブルが生じるリスクは、決してゼロではありません。むしろ、住まいのデザインにおいてはトラブルが発生することを前提としたうえで、トラブル発生後の正しい対処方法をシミュレーションしておくことが重要であると言われています。
新築物件で排水管の水漏れトラブルに気づいた場合、まずはトラブルの鎮静化を優先させましょう。水まわりのトラブルの場合、放置するほど被害が深刻化してしまう、という特徴があり、最悪の場合は周辺の住人にも多大な迷惑をかけてしまう場合があります。
キッチンや洗面台など、ほぼ毎日使うエリアであればほんのわずかな異変でもすぐに察知することができ、対処も比較的スピーディに行うことができますが、床下など、目に見えない部分の水漏れの場合はなかなか気づきにくく、数年単位でトラブルが進行してしまう、ということにもなりかねません。
排水管の水漏れトラブルを発見したら、トラブルの進行度を見きわめ、DIYによって修復できるレベルのものであるかどうかを判断する必要があります。DIYによる修繕の場合は自己融着テープや防水シートが必要不可欠になりますので、あらかじめ家庭で用意しておくと慌てずに済みます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ