キッチンの排水管で水漏れを起こす3つのパターンについて紹介

■しばしば見られる接続部分で起こす水漏れ

キッチンの床が水漏れしている場合、排水管のどこかでトラブルが起きていると考えられます。まず疑ってかかるべきは、接続部分からの漏れです。シンク下の収納部分の奥には排水トラップが設置されており、封水と呼ばれる水がここに貯められています。封水は悪臭防止が目的のものです。もしトラップとシンクの接続部分に不具合が起きると、封水が漏れ出てしまう恐れがあります。この部分が濡れていたり、水が垂れている場合、接続部分のゴムパッキンが劣化していることが考えられます。パッキンは長年同じものを使っていると、ひび割れなどを起こし、その隙間から水が漏れ出してしまいます。パッキンはホームセンターをはじめとして市販されている商品なので、素人でも手軽に購入できます。ただし、自宅のシンクにフィットするパッキンを購入しなければならないので、その部分は注意が必要です。ちなみにゴムパッキンは多少の個体差があるものの、大体10年から15年使い続けると寿命を迎えるといわれています。
排水トラップとホースのつなぎ目が原因箇所だったパターンも珍しくないです。シンク下を見てみると、トラップからホースもしくはパイプが伸びていることが分かります。もし水漏れがあれば、こちらもパッキンの劣化によるケースが原因であることが多いです。劣化したパッキンを取り外して新しいものに取り換えましょう。もし本体そのものが劣化しているのなら、本体そのものを交換してしまうのも一つの方法です。すぐに修理できなければ、コーキング剤を塗ると応急処置にはなります。ただしこれは抜本的な修繕にはならないので、後日しっかり修理する必要があります。

■排水ホースそのものの問題が原因かも

キッチンの水漏れの中でも、排水管につながる排水ホースが原因というパターンもしばしば見られます。一般的な家屋で使われているのは、ビニール製のホースです。ビニールですから、はさみなどで簡単に切れてしまうような素材です。このため、何かシンク下に物を置いたときにホースにぶつけてしまって、傷つきそこから漏水が発生する可能性も大いに考えられます。
このような直接的な損傷だけでなく、経年劣化で亀裂が入る場合もあります。大体10年以上使い続けていると、劣化していつ亀裂が入ってもおかしくないです。さらにじめじめした環境など特殊な条件の下では、劣化も早まる傾向が見られます。ビニールは風化すると硬くなって、少し力をかけることでポキッと簡単に壊れるケースも考えられます。もし10年以上同じものを使い続けているようであれば、水漏れが起きていなくても交換しておいた方がトラブル防止の観点からもおすすめです。
シンク下にはスペースがあるので、調理器具や調味料などいろいろと入れている家庭も多いでしょう。しかしこれがホースに傷が入ってしまう要因になりえます。ホースに接触する回数もおのずと多くなるからです。数回当たった程度では大丈夫ですが時間をかけてダメージが蓄積されます。結果ひびが入ってそこから水が漏れ出すわけです。ほかにも隣り合っている物の圧力によって、ホースが外れてしまい、排水管に流れなくなった汚水がシンク下に漏れ出すパターンもあります。

■ホースと配水管の接続部分が問題かも
シンク下に伸びている排水ホースは、排水管につながる構造になっている家庭がほとんどです。実は排水ホースと排水管の間はビス止めなどで固定されているわけではなく、ただホースを挿しこむことでつながっている家屋が多いです。このため、ちょっとした拍子で抜けてしまってそこから水漏れを起こすケースも珍しくないです。普通に使っている分ならホースが抜けてしまうことは考えにくいです。しかし、例えば内部を掃除しようと思って、ワイヤーブラシを途中でひっかけ、力づくで引き抜こうとしたときに外れてしまうパターンも考えられます。そのほかにもぶつけてしまうなどの衝撃でボースが外れてしまうパターンもあります。掃除をしているときに起こりやすいので注意が必要です。
接続部分で水漏れが起きていて、ホースは排水管から抜けていない場合は詰まりが原因かもしれません。どこかで詰まりを起こしてしまうと、汚水の行き場がなくなります。その結果、つなぎ目のところに圧力がかかって隙間が生まれ、そこからにじみ出てくるような状況です。この場合には、まず詰まりを解消する必要があります。排水ホースが詰まっている場合には、ホースごと取り替えてしまう方法もあります。しかし、排水管の方で詰まりが起きているのであれば、ホースを交換しても意味がありません。高圧洗浄機を使って異物を吹き飛ばすのが修理の基本です。家庭用ではなく、業務用のパワフルなものであるとより効果的です。よって排水管トラブルの場合、水道修理業者に作業をお願いすると、安全で確実です。このようにキッチンで起こる水漏れにはいろいろと考えられる要因があります。まずは原因の特定を優先しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ