発見しにくいお風呂場にある排水管の水漏れ

■お風呂場の排水管は目につきにくい

お風呂場は、家庭の水回りの環境の中でも、大量に水やお湯を使う設備です。体を洗い、湯船にお湯を張るため、空間の中に水もお湯も溢れていく場所です。湿度も高いため、カビが生えやすい環境であり、掃除もこまめにしてかなければいけません。使った水は排水管に流していきますが、トラブルが起きやすい環境なのは覚えておくべき場所です。
お風呂場の排水管は、どうしても目につかない場所にあります。キッチンや洗面所では、シンクやボウルの下にあり、一部でも目視することができるはずです。しかし、お風呂場の排水管は床下にあり、並行して伸ばされて他の排水管と合流して外部へつながる構造です。途中には排水枡なども設置されますが、どの場所をとっても簡単に目視できません。なにかトラブルが起きていても、はっきりと認識できないところが問題点といえます。
特に大量に漏れてきてしまうことからも、戸建てでは床下などに流れ込んでいるケースも考えられます。配管自体は問題がなくても髪の毛などが流れ込み、排水枡があふれてしまうケースも大きな問題です。排水枡を開けて中を掃除しなければいけませんが、設置されている場所もわからない場合も出てきます。
水漏れすれば、大きな問題を生み出します。湿度が高まると、害虫が湧き出すこともありますし、建物の建材自体がダメージを受けて、補修しなければいけないことも考えなければいけません。驚くほど大きな費用負担も発生するため、早めに対処することが求められる瞬間です。

■見えない場所だからこそのリスク

お風呂場の排水管の構造は、なかなか知られていません。浴槽がセットされており、自分で外すことはまずありません。外した下がどうなっているのか、ほとんどの人は見たことがないため、想像することもない場所です。排水管がセットされていますが、その前には床があり、床下の構造も作られています。ここから漏れないように、防水処置はされていますが、排水管が傷んだりすれば、さまざまなところに漏れだしていきます。特に注意しなければいけないのは、シリコンコーキングなどの経年劣化です。シリコンを使っている理由は、弾力性もあり、撥水力もっているため、水回りのシールには有効な材料といえます。このシリコンも時間とともに劣化していくと、接続部分などから漏れてくる可能性が高まります。
発見が遅れる場所ですが、修理はさらに困難を極めます。どこから漏れてきているのか特定しなければいけませんし、はっきりと原因がわからないことも珍しくありません。かなり狭い場所となり、ほかの場所で漏れていることに気がついても、原因まで追いかけきれないことが出てくるからです。修理をするためには、道具を狭い中に入れなければいけませんし、パーツなども手に入れる必要が出てきます。どこかを締めるだけで治る場所ではないため、専門業者に依頼するのが解決方法になるでしょう。
仮に普段からDIYをしていたとしても、お風呂場の排水管の水漏れは個人で修理できる範囲には入ってきません。床下から漏れていることを発見した場合、床の補修までしなければいけない状態です。単純にナットなどを閉めて終わるものでもないため、正確な原因位置を把握するためにも専門業者に点検してもらうことが大切です。

■浴槽からの水漏れの確認と応急処置
排水管周りの水漏れは、管材の劣化だけが起こすわけではありません。ヒビ割れてしまったことが水漏れを招くケースがあります。ヒビ割れる箇所はいろいろとありますが、浴槽になにか強い力が働き、割れてしまったりすれば、排水のそばでも床に水が漏れだしていきます。ゴムの栓などの問題も見逃せません。水漏れしているのが排水のように見えて、実は浴槽からずっと流れだしていたということもあります。浴槽の水を抜いたときと同じようなタイミングで漏れていることが見つかるため、どうしても区別がつきにくくなります。いったんお湯を貯めたままにしておき、ゴムのボールなどを浮かべておくと、パッキンが傷んで流れてきているときには区別しやすくなるでしょう。
内部のひび割れは、どうしても修理は効きません。一時的に修理するとすれば、エポキシ樹脂などで充填しておく方法はありますが、これも恒久的な方法にはならない方法です。パテ材は接着剤ではないため、ひび割れをくっつけることができません。水回り専用のものもありますが、どうしても付着強度を高めるのは簡単ではない作業です。目粗ししたりすることも必要ですし、平滑面に仕上げるには道具もなければいけません。素材が異なるため、伸び率にも違いが出てくるため、そのうちまたひび割れが出てきます。力がかかったままのときも、素人の施工ではひび割れを止めるのは至難の業といえるでしょう。
こうした状況は、まず専門業者に相談して、対処方法を考えることが必要です。非常に費用も掛かるため、一次の対応として補修を考えるというのは、有効なのは間違いありません。根本的な解決を考える必要があるため、最終的には交換が必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ