排水管や給水管の水漏れは保険の補償対象になる?

■水のトラブルは保険で補償してもらえる?

災害に見舞われることの多い昨今は火災保険への加入者も増加しています。名前から火事に見舞われたとき保障されるというイメージがありますが、火災以外のトラブルも保証してくれるという特徴を持っています。
排水管などからの水漏れトラブルの補償もあるので、どんなタイプの水トラブルが対象になるのか、この機会に確認しておくことをおすすめします。
まずは自分側にトラブルの原因があった時ですが、戸建てでマイホームの場合は保険の種類によっては水濡れ補償の対象になります。ただし、賃貸物件で水のトラブルを起こした時はその物件を管理する大家さんに連絡を入れる必要があります。水で床が濡れてしまい床を修理する必要がある場合は、借家人賠償責任保険によって補償されます。建物の入居契約をしたときに加入しているケースが多いので、今はまだトラブルが起きていなくても念のため大家さんに加入しているかどうか確認してみるといいかもしれません。
集合住宅の上の階で暮らしていて下の階の部屋に被害を広げてしまった場合は、個人賠償責任保険の対象となり補償してもらえます。この保証は火災保険にセットとして契約できるものなので、補償内容をもう一度確認してみてください。未加入だとすべて自己負担で賠償する必要があるので、加入している保険を見直すことが大切です。
もしも原因が自分ではなくほかの家にあったときは、被害を被った品々を保障してもらえるので、相手側の加入内容も必ず確認しましょう。

■どんなトラブルが補償の対象になるのか

水漏れのトラブルは排水管や給水管などの水が通る場所で起こるものですが、トラブルの種類によって補償対象となるのか、それとも補償してもらえないのか保険の内容を知ることは大事です。
水濡れが保証される火災保険に入っている場合、排水管や給水管、そのほか貯水タンク、トイレのトラブルなどが補償の対象に該当します。これらのトラブルを給排水設備のトラブルと呼んでいます。お風呂やトイレを使っていたら水がうまく流れなくて溢れてしまったという場合、給排水に関する設備に問題があると認められて、水が漏れたことによる損害として補償金が支払われます。
水のトラブルが起こるのは自宅だけではありません。特に集合住宅で暮らしていると上の階で暮らす人が水トラブルを起こした場合、下の階に住む自分の部屋まで被害が広がる可能性があります。これは自分の部屋とは違う場所で起きた事故として認められます。ほかの部屋で起きた水のアクシデントによって自分の部屋の家財道具や家電などが被害を受けて壊れてしまったときに対象となります。
なにが原因で水のトラブルが起きたのか、ここもチェックポイントになります。自宅で水のアクシデントが起きて被害がでたときに補償の対象となるのは、給水や排水に関する設備のトラブルです。ただし、自宅以外で水のトラブルが起きたことによって損害が生じたときは、給排水設備が原因ではなくても補償対象になります。
注意点として、お風呂のお湯をためているのをうっかり忘れてしまい、気づいたら部屋中が水浸しになっていたというトラブルは自分のミスが原因ですから補償の対象にはなりません。設備に問題がないためです。

■補償の対象外になるトラブルもある
水漏れトラブルは水を使う場所ならどこでも起こりうるものです。排水管は使い終わった水を流すもの、給水管はこれから使う水が流れてくるところ、どちらもいつ水漏れのようなトラブルが起こるか分かりません。
例えばキッチンを例にあげると、水が漏れたことによって損傷した場所を直す費用、水漏れ被害によってその箇所が壊れるなどした場合の費用、さらにほかの部屋に被害が広がったときの賠償にかかる費用、これらが生じます。これらすべてが補償の対象となるわけではないので、何がOKで何がNGなのか目を通しておきましょう。
水漏れトラブルが起きたとき、蛇口から水が漏れていれば蛇口に使われている部品や蛇口そのものを交換する必要がでてきます。これらは補償の対象になりません。ほかにもキッチンのシンクの下で水が漏れていたとき、管が破裂したことによって水が漏れている場合は管をまるごと交換することになりますが、これも補償の対象ではないのです。こういったトラブルを保障してもらう場合は水道管修理費用保険金といった特約をつけておくといいでしょう。この場合、もしも凍結などで水道管が破裂したときは補償の対象となることがあります。
そのほか、補償の対象外となるものには劣化によって水のトラブルが起きたとき、洪水や台風のような天災で水が逆流したことによってトラブルが起きたときがあります。また、バスルームの浴槽や洗濯機に繋がっているホースから水が漏れたときなども補償の対象外となります。これらはどれもその家で暮らす人の過失や水災によってトラブルが起きたとみなされてしまうので補償されないのです。
補償内容を確認したけれどよくわからないという場合は不安でしょうから、保険会社に相談をしてみるのもひとつの方法です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ