排水管の詰まりに使うワイヤーが抜けない時の対処方法と注意点

■ワイヤーの種類と効果

排水管の詰まりを解消するために、ワイヤーがよく使われます。ホームセンターでも購入が可能で、ワイヤーブラシやワイヤーパイプクリーナー等の名称で店頭に並んでいます。種類は大きく分けると2種類あり家庭用と業務用に分けられ、業務用と言っても種類によってはホームセンターでも購入できます。では、家庭用と業務用ではどのような違いがあるのでしょうか。
家庭用は長いものでも、10メートル程度の長さで、軽量のものが多く持ち運びしやすいのが特徴です。また、短いためコンパクトに片づける事ができ、収納場所を選ばず保管できます。安いものだと1,000円程度から購入できますが、細く軽量のために強度が弱いという特徴もあり、固くなったゴミを取り除く際にはゴミに食い込んで抜けない事や途中で切れてしまう事もあります。家庭用は全体的に細く柔らかいものが多いため、ゴミが固まって完全に塞いでいる状態の時には、家庭用では限界があり解決できない場合も多くあります。
一方の業務用は長さが数十メートルあるため、長い排水管でも対応が可能です。また、ワイヤー自体が太くしっかりとしているため、多少の力を入れても切れたりする心配はないですが、その反面で扱いにくく業者などのプロでないと自由自在に使うのは難しいという面もあります。先端には家庭用と同じもの以外にも様々な形のものがあり、詰まりの原因となるゴミの種類によって使い分ける事ができます。ドラムの中に巻いて収納しますが、家庭用と違って収納場所を確保する必要があります。

■ワイヤーの使い方

まず初めに排水口のフタを取り外します。らせん状やブラシになっている部分を先にして排水口へ入れていきます。入れる時には排水口の真上から真っ直ぐワイヤーが下りるようにします。少しずつ入れていくと、途中で進まなくなる時がありますが、これは溜まったゴミに当たったか、もしくは排水管の曲がっているポイントに到達して進まなくなった可能性がありますので、ワイヤーを回転させたり、角度を変えて少し力を加えてみましょう。回転させることによって先端のらせん状部分やブラシがゴミを削り落とします。
先端部分にひっかかる感触が無くなったら一度ゆっくりと戻します。戻す際には、汚れが付いている事が多いので、雑巾や古くなったタオル等を片手に持ち、拭きながら戻すと汚れが飛び散ったり他の箇所への汚れの付着を防げます。その後少量の水を流してみましょう。水が流れたら詰まりが解消されたということです。解消されない場合には、もっと先に詰まりの箇所があるという事なので、もう一度同じ様に回転させながらさらに奥まで入れてその箇所を探します。劣化が進んでいると管の中に錆が溜まったり、変形して凹凸を作る事があります。この場合には、あまり強く力を入れたり擦ったりしてしまうと、破損へと繋がる恐れがありますので、業者に対応してもらう事をおすすめします。
家庭用のワイヤーでは、固まっていない状態の生ごみのカスが溜まっている程度なら効果的に使う事ができますが、詰まり箇所とカーブとの見分けや、溜まったゴミの種類など、排水管の状態は素人ではなかなか判断がつきにくい事が多いです。また使い方によっては、力を入れ過ぎて先端箇所が絡まり、抜けない事もありますので、家庭用ワイヤーを使って詰まりを解消する場合には、慎重に行いましょう。

■ワイヤーが抜けなくなった時の対処法
詰まりを解消しようとしてワイヤーが抜けない事象が、意外と多く起こっています。つい慌ててしまい無理に強く引き抜いてしまいそうになりますが、これは絶対にやめましょう。排水管自体に傷や亀裂を作ってしまう可能性があります。落ち着いてゆっくりと小刻みに動かしたり回転させます。管の途中で引っかかっている感触がある場合には、少しずつ動かしていくことによって引っかかりから外れます。詰まりの原因のゴミなどに絡まって抜けない場合には、回転もできず全く動かなくなる事があります。その際には、そのままの状態で液体のパイプクリーナーを流し入れます。液体パイプクリーナーによって、絡まった部分が少しでも溶ければ動かせるようになりますので、少しでも動かせるようになったら、回転させながら小刻みに動かします。上記の方法でも抜けない場合には、無理せず業者に対応してもらいましょう。業者に依頼すると、管の中の状態を排水管用カメラで確認して、抜けない原因を探ります。高圧洗浄や管の分解などを行い、ワイヤーの取り出しはもちろん、排水管の詰まりも一緒に解決してくれます。家庭によって排水管の形は様々です。ストレートなタイプの管なら、詰まりの原因さえ柔らかくなれば抜けなくなる事も少ないので気軽に対処できますが、カーブが多い管や過度に劣化した管は抜けなくなるリスクが高いので、ワイヤーブラシを使用する際には、自宅の排水管の形を事前に確認してから使用の判断を行いましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ