排水管の仕組みと補修用テープによる水漏れ応急処置

水周りの排水管は、経年劣化に伴いパイプに水漏れが発生し、水浸しの原因となります。排水管からの水漏れの応急処置として、排水管の補修用テープを使用することで水漏れを止めることが可能です。ここでは、排水ホースの仕組みと種類についていくつか紹介します。

■排水ホースの仕組み

シンク下に排水管が通っており、最終的には下水管に流れる仕組みとなります。ホース下の円型のプレートは、排水ホースを固定するためにあり、臭いや害虫の侵入を防ぐ働きがあります。経年劣化に伴い、ホースが固くなり折れやすくなりますので、その際は交換・修理が必要です。




■排水ホースの種類

排水ホースの種類ですが、ねじ式タイプは、シンク下から取り付けできるもので、家庭・賃貸物件などの備え付けのキッチンには概ねこのタイプが使用されています。キッチンの流し台のサイズごとに、ホースの種類があります。
差込式タイプは、ねじ式タイプと比べてサイズは小さめに作られています。バンドでとめるタイプなので、使用の際に緩みが生じると水周りのトラブルを起こしやすくなります。ご自身若しくは専門業者による、定期点検が必要になります。
Y字型タイプは、飲食店やスーパーの惣菜店のような水周りを二層シンクに設置しているところに概ね設置されています。長さも家庭用と比較しても大幅に長いですが、使用用途に合わせて調整ができます。

■まとめ
水周りにおけるキッチンの排水ホースは、家庭用・業務用によってそれぞれ仕組みが異なります。定期的な点検により詰まりの予防や水漏れを防ぐことができ、衛生面でも清潔に保つことができます。水漏れの簡易的な処置として、補修用テープで水漏れを止めることが可能ですが、完全に補修できるというわけではありませんので、専門業者に依頼して対応をしてもらうことがおすすめです。。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ