排水管の水漏れを予防する配管内の洗浄

■排水管がうまく流れないときの対処

排水管は、水回りの設備の中で使った排水を流すことを目的としています。使った水がスムーズに流れていくことが重要で、どこかでつまったりすれば、水漏れしてしまう原因を作り出す場合も出てきます。配管自体の劣化も招き、あとから大きな被害も生み出すこともあります。水漏れしなくても、流れなくなりシンクにたまってしまってあとから処理できないようなケースもあります。
排水の流れがスムーズでなくなるのは、排水管の内部でなにか問題が生じていることは間違いありません。スムーズに流れていかない状況で考えられるのが、固形物が邪魔をして配管の径を小さくしている可能性です。そのままにしていると、逆流してくる危険性があります。キッチンの場合、固形物とは食べ物のカスや油汚れなどが相当しますが、こびりついてしまって堆積している状況が予想できます。本来流せるもの以外は絶対に流さないことが大切で、キャッチャーなどを正しく使って異物を除去することが大切です。すべてが対応できるとは限らないものの、大きなものだけでも取り除ければ、被害の発生はかなり抑えられます。
お風呂場でも使われていますが、髪の毛などを積極的に除去するだけでも、配管にたまりにくくなります。それでも流れ込んでしまうものが出てくるため、細かくメンテナンスもして内部を掃除していかなければ、トラブルにつながります。スムーズに流れない状況は、日々の生活の中から問題が発生しているといえるでしょう。

■汚れに合わせて適切なパイプクリーナーを使う

排水管がつまって流れが悪くなるのはなにもキッチン周りだけではありません。水を使っている設備ではどこでも起きる可能性があります。そのまま放置しておいても、なおるようなことはなく、悪化してしまうことのほうが大半です。早期に解決するためにも、いろいろな修理方法を考えなければいけません。
対応方法として大切なのは、トラブルが大きくなる前にパイプクリーナーなどの専用洗浄剤を使うことです。配管内の汚れなどの洗浄をするための薬品で、簡単に手に入るようになりました。内部につまった汚れを溶解するための薬品であり、設備によって使い分けできるようになっています。キッチン用であれば、油汚れや食品の食べかすを溶かすために特化していますし、お風呂場用なら髪の毛や石鹸カス、皮脂汚れを溶解することが目的です。そのため、違う目的のものを使っても、あまり効果をあげることができません。専用のものを使い、適切な時間で洗い流すのが重要で、あまりに長く置いていても薬剤が固まるなどの逆効果が表れてしまいます。これだけでも流れが悪くなる状況を改善することができますが、あくまでもつまる前にしなければいけません。つまってからおこなっても、溶かしたものがほかのすき間に入り込み、被害を広げることも出てくるからです。
注意事項として、絶対にほかの薬品と混ぜたりしてはいけません。化学反応を起こしガスが出てくることがあるためです。混ぜるな危険と書かれているものは、特に注意して扱うようにしましょう。

■高圧洗浄機やブラシを使って徹底除去
排水管をメンテナンスして流れを良くすることは、配管に対する負担軽減につながります。メンテナンスはお手入れであり、欠かさずおこなうことで、つまったりする状況を作りにくくしてくれる方法です。トイレなどでも流れが悪くなれば、どこかに負担がかかり水漏れするかもしれません。便器からあふれ出るといったことも、排水管が機能していないからこそ起きる状況です。洗面所などは水が溢れ出ないように、ボウルの横にある排水溝から流れ出ていく設計になっていますが、そもそも排水管がつまっていればこれも機能しません。水浸しになるようなことも出てくるため、常にメンテナンスをして、問題が発生しないようにしていく必要があります。
ラバーカップを使う方法もありますが、実際に使ってみるとうまくいかないことが少なくありません。圧力をかけてつまったものを引き出していく方法で、押し込んで流すわけではありません。流れが悪い時には、なにかが堆積していることも多いため、あまり効果的とは言えない方法です。
排水管は、内部が見えないため、こまめにメンテナンスが大切ですが、あまりに頻繁にトラブルを起こすようであれば、徹底的に洗浄することも必要です。専門業者に依頼して、高圧洗浄をするというのが一般的です。高圧洗浄機は、水の力を借りて吹き出すときの圧力で内部の汚れを取り除ききれいにできます。配管の劣化を防ぐためにも大切になるため、水漏れの原因も作り出さずに済む方法です。家庭用の高圧洗浄機もありますが、ホースの長さなど根本的に配管用には作られていないため、専門業者に点検とともに施工してもらうといいでしょう。
ほかにもブラシを使った除去方法もあります。一般的なブラシを使うのではなく、ワイヤーに取り付けられたブラシを配管に差し込み、物理的に取り除いていきます。複雑な配管の中でも専門業者の知識と経験があると、どんどんと先へと進み清掃していくことができる方法です。こうした方法も取れることから、流れが悪いと感じたときには業者に相談してみるのが得策です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ