排水管の水漏れをチェック!補修にはテープが便利

■排水管からの水漏れかもと思ったら

キッチンのシンクの下や洗面台の下で水たまりがある時には注意が必要です。最初のうちは滲む程度なので気がつく前に乾燥してしまうかもしれませんが、症状がある程度悪化すると、排水管の周りに水が流れたような筋が残っていたり、底の方に水が溜まったりするようになります。このぐらいの段階で気がつくことができれば、早期発見と言える状況です。水漏れ箇所を特定して対応すれば、最悪の事態を避けられます。
水漏れは多くの場合接合部で発生しているので、継ぎ目の少し下あたりを触ると滲んだ水分が残っていることがあります。指では分からない時には、ティッシュなど水分で変化が分かるようなものを使うと便利です。指などの感覚でははっきりしないような量でも、水分があると濡れるので、すぐに確認することが可能です。
もし、その場では分からないような量の時でも、ティッシュであれば記録のように痕が残ります。そのため怪しいと思われる配管に巻きつけておくことも有効な手段です。ただし、こまめに交換しないと意味がありません。万が一濡れていても、時間が経つと乾燥してしまうので、どこだか分からなくなります。漏れている場所が分かれば、そこに印をつけておきましょう。後で対応する時にとても便利です。
次に重要なのが原因の究明です。なぜ漏れたかが分からなければ対応のしようがありません。接合部の状態を確認してみましょう。ボルトが簡単に動くようなら、緩みが発生している恐れがあります。特に原因が見当たらない場合は、内部パッキンの劣化が疑われます。

■応急処置にはテープが便利

排水管における水漏れの箇所が分かれば自力で直すこともできますが、専用の工具が必要な場合もあって、自分では修理できない時もあります。単純なボルトの緩みだったとしても、締めこむためにはパイプ専用のレンチが必要です。パッキンの劣化が考えられる時には、交換が必要になるので、すぐに解決できるわけではありません。
解決までに時間がかかる時には、とりあえずテープで塞いで時間を稼ぐのも有効です。水漏れによって慌てていると正常な判断ができなくなります。まずは落ち着くためにも応急処置をしておいた方が安心です。
テープを貼る場合には、しっかりと水気を拭き取っておく必要があります。もし拭き取ってもすぐに漏れてくるようなレベルの水漏れならば、早急に対応をすることが求められます。漏れ方の程度によって症状の見極めをして、緊急性を判断しましょう。
応急処置の初期に使うのであれば、どのようなテープでも大丈夫であり、防水タイプのものを用いるのがベターです。ガムテープなど厚手のものは隙間なく貼り付けることが難しいので避けるようにしましょう。テープだけで直るわけではないため、修理ができるまでの時間稼ぎができればOKです。配管の漏れている箇所にしっかりと巻きつけていくのがコツです。
なるべく隙間がないように巻きつけるため、しっかりと突っ張った状態で巻きつけていきます。巻きつける範囲はなるべく広くしておくようにします。何回も巻きつけて確実に隙間がなくなるように貼り付けます。最初の貼り付けの時に隙間があるとそこから水が漏れてくるので、最初のうちは爪で擦り付けるぐらいの慎重さで行った方が良いでしょう。

■配管のつなぎ目の隙間を埋める
水漏れの修理は工具があれば自分で対応することも可能です。パイプレンチがあればナットを緩められますし、パッキンは大きさが分かればホームセンターで購入できます。材料を購入する時には、自己融着テープを忘れないようにしましょう。
テープと言うと貼り付けるために粘着物質が付いているイメージを持たれがちです。何か物を固定するような時には必要ですが、排水管の水漏れを防ぐ時には邪魔になります。接着面は滑りやすく、水をはじいてしまう性質を持っていることから、水漏れを引き起こす恐れがあります。自己融着タイプなら、接着剤がないので安心して使うことができます。名前の通りテープ自体が融着して隙間を埋めます。とても薄いもので引っ張ると伸びる性質があり、貼り付けるのではなく、巻きつけて使用します。
配管の接合部であるネジは、緩んだり劣化したりすると水がにじんでしまいます。特に金属同士は擦れやすく、成型時の誤差によって多少の隙間ができる場合もあります。自己融着テープを使えば、その隙間を埋められます。
まずは排水管に水が流れないようにしておきます。その状態でボルトを緩めておきます。パッキンの交換が必要なら、この時に行います。次に結合面の水分をしっかりと拭き取ります。乾燥させておかないと後で錆の原因になるので注意しましょう。ネジ山にかかるように自己融着テープを引っ張りながら巻きつけていきます。ネジの形が分かるぐらいにしっかりと貼り付けておきます。ネジ山全てが隠れたら、締め付けていきます。工具を使って締め付けると金属同士の隙間に残って水漏れを防ぎます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ