排水管の水漏れに使える保険の範囲

■不注意が驚くべき補償の責任を招く

排水管から水漏れを起こした場合、想像もできないような被害を生み出す可能性があります。集合住宅で水漏れを起こせば、損害賠償を請求されることが考えられます。
ある日自分の部屋の天井から突然水がしたたり落ちてきたとしたら、多くの人は驚くもので、こうした事態を予測できる人はほとんどいません。部屋で生活しているときに起きることとして想定を超えているからです。事態に対する備えができない以上、トラブルを発生させた人には損害を賠償する責任が生じます。
自分が加害者になってしまったときに役立つかもしれないのが火災保険です。最近の住宅では、入居契約をする段階で加入を求められることがあります。それほど賠償できないレベルの請求がきてしまうケースがあるからです。
火災保険というと、水漏れとは一見関係なさそうに思われがちですが、実は補てんされる例もあります。火災のときには放水が行われますが、放水による被害を補償するのが火災保険で、このような性質が水漏れ事故においても有用にはたらきます。
例えば排水管が破裂してしまって、そのまま水漏れするような事態です。給水設備も補償される範囲になってくるため、日常的に見てもかなり有効な手段となってきます。ただし、設備が使えない、使いにくいといった場合は対象になりません。あくまでも損害が発生したときの賠償が目的なのであって、設備の修理補償ではないからです。すべての範囲が補償対象となっているわけではなく、状況によっては対象から外される可能性もあるため、注意が必要です。

■一体誰が補償するのか

水に濡れて損害が出たとするのであれば、火災保険で補償される可能性があります。例えば排水管が破裂し、天井から水漏れしてきて家電製品が壊れたといったときには、補償をしてもらえます。補償してもらえるかどうかの違いは、原因は何かというのがポイントです。
集合住宅の排水管は、上の階の住人が責任を持って管理できるものではありません。あくまでも大家が管理しなければならないものです。それでも、自分の家財に被害が発生したのに変わりはありません。この場合、自分が火災保険に加入しておけば、濡れた家財などの補償を受けられます。仮に上の階の住人が入っていなくても、自分の分の資産は守られる状態です。もちろん、大家は管理をしなかったということになるため、管理者責任を問うことができますし、その分の損害賠償請求も可能です。
逆に加害者になった場合には、他人への補償は個人賠償責任保険が必要になります。自分の不注意によって排水管を破裂させたとします。詰まっていそうなことに気がついていたのに、自分で直そうともしておらず、大家などに修理の相談もしていない状態は、明らかに過失があると考えられます。この状態で破裂してしまい、水漏れするのは想像が及ぶ範囲になるでしょう。こうした努力を怠ったのであれば、自分で補償をしなければなりません。このときに必要になるのが火災保険などに特約で結べる個人賠償責任保険です。

■補償金額と原因がある場所について
保証される金額は、あくまでも時価です。時価とは現在の価値であり、購入したときの価値ではありません。購入したときには100の価値があっても、年数が経つにつれ老朽化などの理由により、価値が下がります。この損耗分について留意しておくことが大切です。
被害を受けた家具等を購入し直さなければいけないとしたら、時価では補えない状況が生まれます。そこで購入に必要な金額として、新価で契約する方法もあります。新価とは再購入価格とも表されるもので、同等のものを再購入したり再築したりするときの費用を指します。自分で新価での契約にするなど対処をしておけば、この差額を埋め合わせできる可能性が広がります。
なお責任の所在について考える際、原因が発生した場所は、専有部分だったのか、共有部分だったのかという問題もあります。物件が賃貸住宅であった場合、建物の所有権は大家にありますが、分譲物件では所有者が入居者になるため、話が変わってきます。
分譲物件を購入した場合、自分の資産となるのは専有部分です。逆に自分だけではなく、マンションの住人全体が責任を負う必要が出てくるのが共有部分にあたり、玄関を境にして区別するのが一般的です。専有部分は床下なども含まれ、排水管も持ち主が管理しなければいけません。共有部分であれば、管理組合などが補償するため、一体どこから水が漏れてきたのか、原因の追求も大切です。
水漏れが共有部分で起きたとしたら、組合の賠償保険が適用されるので、自分の損害も補償されますが、専有部分ならこれもできません。床下などは気軽に点検できるものではないため、こうした部分は契約によって専有部分でも組合が補償するといった規約もあります。マンションの規約は、できるだけ細かく読んで理解する必要があるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ