排水管の水漏れでできる応急処置にはどんなことがあるか

■水漏れの起きやすい場所とその原因

食器洗いで水を大量に使用するキッチンや、歯磨きや洗顔などで1日に何度も使用する洗面所など、日常的によく水やお湯を使う場所では水の流れが悪かったり、配管が詰まったり衝撃や劣化で穴が空いたりすることで水漏れが生じやすくなります。経年劣化が進んで部品の内部や管と管をつなぐ接続部分に不具合が出て水が漏れてしまうことも少なくありません。配管から水が漏れだす症状を確認したときは、排水管、給水管のどちらに関係しているのかをはっきりさせることが大切です。給水管は、各家庭に水道を供給する配管であり蛇口に直接接続されています。飲用できるきれいな水が通っているとともに2階以上の家屋でも勢いよく水が出せるよう常に高圧状態となっています。以前はコストが安くつくことから金属製のパイプが使用されていましたが、最近では耐久性やエコの観点から樹脂製のものを使用することが多くなりました。異物が混じっていない純粋な水なので詰まりが生じることはありませんが、老朽化によって破損、破裂が生じて水が漏れることがあります。
排水管は浄水場で飲料用にろ過された水ではなく食器洗いやシャワー、洗濯水などを屋内に留めずに排出することを目的として設置されているものです。悪臭や害虫の発生、侵入を防ぐための器具が設置されていたり、S字、U字などの複雑な形状をしてたりすることも特徴の1つといえるでしょう。配管には圧力がかかっておらず汚水を流すときだけ重力によって上から下へと流れる仕組みです。汚水のなかには異物や汚れ、洗剤や油などが含まれるため配管を詰まらせやすく配管に負担がかかるために水漏れしやすくなります。給水管のトラブルはきれいな水であり、止水栓を止めれば問題が大きくなることはありません。しかし、臭いや汚れを伴う排水管のトラブルは衛生面でも深刻な問題となることが少なくありません。家庭で排水漏れなどのトラブルが生じた際には応急処置としてどのように対処すればよいのでしょうか。

■水が漏れている場合に自分ででできることとは

異物や汚れが蓄積さしやすい排水管は、異物の詰まりや配管の破損などによって水漏れが起きやすい場所となります。蛇口を閉めても先端部分から水が漏れる症状とは違って、水を流しているときだけ起こる症状です。シンクの下や便器のなかなど気を付けていれば症状を確認できますが、気づかずに放置することもあるでしょう。基本的に水を使用しなければ水が漏れる可能性は低くなるので、排水漏れであると気付いた場合は不便にはなりますが水道の使用を中止しましょう。特に、キッチンやトイレは不衛生な汚水が溢れ出るため流さないようにすることが大切です。専門業者が来るまでに数日かかるような場合は排水漏れに対する応急処置が必要となってきます。ほとんどの場合、配管の接合部分の緩みやズレから水が漏れることが多いので、場合によっては締め直すだけで解決できることもあるでしょう。ケースによっては配管の傷や破損部分からポタポタと水が漏れることもあります。
まずどの部分から水が漏れているかをはっきりと確認したうえで、その部分を塞ぐための専用補修テープの活用を考えましょう。基本的に配管の水が漏れている部分をきつく何回も巻き付けて漏水を防ぐことが目的となります。ホームセンターなどに行くと、水道補修用テープ、または、漏水テープなどのコーナーがあります。補修テープにはいくつか種類があり、合成ゴムを原料として接着剤成分が入っておらずテープ自体が癒着する自己癒着テープもあります。また、接着剤や粘着剤を使用した防水性の高い補修用テープもあります。最近では業者が使用するシリコン成分が入ったコーキング用のテープも販売されています。プロ仕様なので効果は絶大ですが、貼る前に現在ついている溶剤を剥がす作業やきれいに張り付ける作業は素人には難易度が高いものとなります。

■根本的な問題解決は専門業者に
水漏れしている場所が排水管であることがある程度わかっている場合は、市販されている水漏れを補修する専用のテープを巻くことで一時的な処置をすることができます。しかし、素人では水がどこから漏れていることがわからない場合が多いだけでなく、傷や破損が激しい場合、配管が完璧にズレて締まっている場合などは、テープを使用しても状況を改善できないこともあります。また、仮に状況が少しでも改善できた場合であってもあくまでも目の前の症状を何とかするための一時的な処置であるため、そのまま放置して使用すると水漏れの規模が拡大する可能性もあります。日頃からDIYを趣味としている人で腕に自信があってもそのまま使い続けるのにはリスクを伴うことになります。あくまでも応急処置であって根本的な修理にはなっていないことを理解しておくことが必要です。
専門業者はあらゆる水道のトラブルに対応していることからプロの目で水が漏れている場所やなぜ水が漏れだしたのかなどについて素早く判断することができます。あらゆるケースの水道トラブルに対応するための知識や専門スキルを所有しているだけでなく、豊富な現場経験があるので最適な修理、交換を提案してくれます。業者によっては電話連絡してから30分から1時間ほどで駆け付けてくれるところもあり、想定しなかった簡単な作業だけで修理が終わることもあるでしょう。接合部分に使用されている締め付け部分の緩みや劣化したパッキンなどを新しい物に替えるだけの対応で解決できる場合は時間も費用もそれほどかかりません。配管交換が必要な場合は工事費や工事期間などを無料で見積もってもらい納得してから依頼するといいでしょう。DIYに慣れていない人が無理して作業をすると原状復帰するどころか作業をする前よりも悪い状態になることもあります。困ったと思った段階ですぐに専門業者に来てもらうようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ