排水管から水漏れトラブルが起きたときに知っておきたい情報

■水漏れの原因は

排水管からどうして水漏れするのか、その原因はいくつもあります。例えば劣化や破損です。洗面台を例に挙げると、洗面台の排水管はS字型になっているのが特徴的で、素材が樹脂タイプの場合は蛇腹になっているのが一般的です。金属タイプの場合は表面がつるんとした作りになっています。
パイプそのものが寿命で古くなることも理由のひとつになります。樹脂タイプは経年によって素材が固くなる特徴を持っているため、一度硬くなると少しの衝撃で割れたりヒビが入りやすくなります。金属タイプはサビなどによって腐りやすくなり、一度腐ってしまうとそこから速いスピードで壊れやすい性質を持っています。樹脂タイプは素材の特徴から硬くなりやすく、蛇腹になっているため縮んでしまうこともあります。ホースが短くなることで、これまで排水管にしっかりはまっていたものが外れてしまい、水漏れなどのトラブルが生じる恐れがあります。
これらのパイプはいろいろな部品を使って繋げているため、繋ぐためのナットなどが水漏れの原因になることも少なくありません。例えばナットが緩めば流した排水がそこから漏れてしまいます。水を使うたびに水が漏れてしまうため注意が必要です。
そのほか考えられる原因としては、排水管の中でゴミなどが詰まっていると、流れきれない排水が逆流して水漏れとなってトラブルを生むこともあります。これはつまりを取り除くことで解消されるので、気づいたときは出来るだけ早く対応して、被害が大きくなる前に食い止めましょう。

■水漏れのときの対処法

水漏れが分かったとき、まずは家財道具や電化製品を保護してください。水漏れの範囲が広がると、これらにダメージを与えてしまう可能性があるためです。木製の場合は水が浸透しやすくカビが生えてしまう心配がありますし、電化製品は壊れてしまう恐れがあります。動かすのが難しい場合はビニールで覆うなどの処置を施しましょう。
排水管に原因があったときは、これ以上水を使うと被害が広がってしまうため一時的に水を使うのをやめます。出来るだけ早く専門業者に連絡を入れて状況を点検してもらい、どのような作業が必要になるのか説明を受けてください。一般家庭では塩ビ管タイプが多く使われているため、場合によって排水管を丸ごと交換する必要があるかもしれません。
水漏れのトラブルを放置しておくと経済的にも痛手を負います。なぜなら二次被害が生じてしまうためです。ひとつは建物の劣化です。家の中が湿気を吸うことでカビが発生する原因になります。これは建物の劣化だけでなく健康被害も怖いところです。
さらに白アリが発生する可能性が高くなります。白アリは湿気を好む性質を持っているので、水漏れ箇所を放置することで、白アリが繁殖しやすい環境になってしまいます。水トラブルの修理費だけでなく白アリ駆除の費用も加算されます。
また、家電が水に濡れると壊れるだけでなく漏電の恐れもでてきます。漏電は火事を引き起こす要因のひとつとなり、水が漏れた状態を長時間放置しておくのは危険です。濡れた状態でコンセントを抜こうとすると感電の危険があるため、ブレーカーを落とすなど電気が流れないようにしておきましょう。

■自力で応急処置が可能か気になるところ
水漏れのトラブルによる被害を大きくしないためにも、自力で出来る応急処置があります。このとき使うのが専用のテープです。いろいろな種類があるので必要に応じて準備しておくといいでしょう。
ひとつは自己癒着タイプです。テープとして働きがあるのはもちろんですが、くっつく部分に接着素材がついていないという珍しいタイプです。伸縮性があり、テープそのものの素材が自らくっつくため、水が漏れている箇所にまくと素材と素材がくっついて水漏れを止めることができます。接着素材がないのでジワジワと水が滲み出ている場所にも使えるため重宝します。この上から保護用を巻くことでさらに強度が増しますので試してみてください。
防水補修タイプは防水仕様になっているので、水をはじいてくれます。伸縮性があるので扱いやすく、多少デコボコしたところや、カーブになっている場所にも使える優れものです。水道用ラップタイプはシリコンゴム素材でできています。そのためベタベタしないので剥がした後の処理が必要ありません。排水管から水が漏れているときに使われるのはこのタイプが多いです。変わったところでシートタイプがあります。シートのような形状になっているので、広い範囲を一度に処置することができます。テープを何度も巻く必要がないので簡単です。
これらのテープを使う際に共通しているポイントは、まずは汚れをふき取ってきれいにすることです。次にテープをカットします。できるだけ長めにカットしたいところですが、足りない場合はさらに追加でテープをカットしましょう。テープを巻くときは少し引っ張り気味に巻いていきます。最後に必要に応じて保護用のテープを巻けば応急処置が完了です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ