排水管詰まりや水漏れ修理は専門業者がおすすめ

一般的な排水の仕組みとして、排水ホースが排水管へ接続されており、ホース内で詰まりが発生した場合には床部分から突き出した排水管から、排水ホースを引き抜くことで詰まりの原因を除去できます。しかしこのような構造の場合、排水管からホースが外れてしまった場合に床が浸水してしまうため、排水パイプと排水管を接続パーツによってしっかりと固定するケースがあります。

■排水口の詰まりにはラバーカップが有効

床などへの水漏れを防止するために排水パイプと排水管の接続部分が固定されている場合、排水管内外でのトラブルが発生した際には、シンクに水が溜まるようになっています。このような構造で排水詰まりが発生した場合には、ホームセンターで販売されているラバーカップにより刺激を与えます。その際には、排水口周りのパーツをすべて取り外した上で、シンクの中に水を溜めて作業をすることで、空気が漏れることなく効率的に圧力をかけることができます。

■排水パイプ詰まりのセルフ修理

重曹やパイプクリーナーをシンクに入れて60℃程度の少し温度の高いお湯を流すことによって、詰まりが改善される場合があります。ラバーカップで刺激を与えただけでも効果はあります。それでも効果が出ない場合は、水道業者に依頼しましょう。
ただ、築年数が20年以上の賃貸物件や一戸建て住居の際には、気を付けておきたい点があります。排水管が鉄管の場合には、重曹などの薬剤を使用してしまうと穴が開いてしまい、水漏れなど深刻なトラブルが発生する恐れがあります。使用する際は、トラブルを防ぐために管理責任者に確認をとることが必要です。

■まとめ
定期的に水道業者に、メンテナンスを依頼することも選択肢の一つとしてください。業務用の薬剤や高圧洗浄作業によっても、充分な効果をもたらしてくれます。水周りにおける排水管トラブルの場合は、重曹などの薬剤や市販の器具を使用しても防ぐことが出来ます。しかし、建物の構造によっては水漏れなどの二次被害にも繋がりますから、心配な場合は専門業者に水道 工事を依頼することがおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ