台所の水漏れ原因となる排水管の汚れを予防

水周りの台所においては、排水管の詰まりによって水が流れずに水漏れを起こすなど、修理が必要が場合が出てきます。長年にわたっての油や食べかす、汚水によるヘドロが蓄積されて起こることが原因の一つです。もちろん、ホームセンターで販売されている薬剤や道具を使用することでも水漏れを予防することが出来ますが、日頃から心掛けておくことでもトラブルを防ぐことが出来ます。

■油は可燃ごみとして処分

料理や食事の際に使用した油は、極力流さないようにしましょう。油は熱を持っているときはサラサラと流れていますから、問題ないようにとらえてしまいます。しかし、時間が経ち冷えてしまいますと固まってしまいます。特に、揚げ物などを調理した際に大量の油を使用しますが、それを全部排水口に流してしまうと大変です。詰まりを誘発するだけではなく、排水管を傷めてしまいます。少量の場合は、キッチンペーパーや新聞紙などで拭き取るようにしましょう。大量の場合は、牛乳パックなどの別の容器に油を流し込んで処分したり、油処理剤を使用し、可燃ごみとして処分するなどをすると良いでしょう。

■水切りネットで食べ物かすの詰まりを防ぐ

また、水切りネットを排水バスケットに敷くことでも、排水管に流れる食べ物の詰まりを防ぐことが出来ます。特に食べ残しや調理後の食材は無意識のうちに流してしまうことがあります。それが溜まり詰まりの原因となりますが、水切りネットは流れることを防いでくれる上に毎日の食器洗いの手間を減らす役割があります。調理後や食事後に、そのまま食べ物を排水口に流さないようにすることでも、水周りにおける台所でのトラブルを大いに防ぐことが出来ます。

■まとめ
日頃のお手入れが大切であるのは間違いありませんが、排水管に汚れがつきにくいよう使用方法を見直すこともトラブル防止には大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ